Présentation domaines Piron

ドミニク・ピロン、40年のノウハウの蓄積があり、ボジョレー地区のモルゴンに400年以上前から根付いています。

ボジョレー、古くから続く長い歴史

古代ローマ人がもたらしたワイン作りは、3世紀頃から発展しました。
最も昔から知られているドミニク・ピロンは1590年にモルゴンで生まれました。その後、14代にわたってワイン作りが受け継がれてきました。
歴史的には、モルゴンおよびムーラン=ナ=ヴァンのワインはいつも、フランスのグラン・ヴァンの中でも高い評価を受けてきました。

ボジョレー、新しい物語の始まり

ボジョレー・ヌーヴォーの「世界中の同じ日の同じ時刻」という戦略は大きな成功を収めましたが、そのためにかえって、50年前から多くのクリュやテロワールが目立たなくなり、中にはほとんど忘れられてしまったクリュもありました。

Morgon côte du Py

今日、新しい物語が始まろうとしています。クリュやテロワールが主導権を握り直します。ボジョレー・ヌーヴォーは毎年11月の第3木曜日に開催される楽しいお祭りイベントとして継続され、伝統的なクリュは、より構成がしっかりした、フルーティーでミネラル分があふれる、現代的で、理解しやすく、世界中の多くの料理とともに味わっていただけるワインを携え、世界制覇を目指して出発します。ワインを友達とともに、楽しみのために、飲んでいただきたいからです。

ドミニク・ピロン、シンプルな哲学

30%の傾斜があるため作業が難しいブドウ畑にパッチワークのように並んだパーセル、これは合理的なブドウ栽培の方法です。
もろい花崗岩質の土壌に頁岩質の土壌が混ざったこのブドウ畑を表す言葉はバランスの取れた自然と生物多様性です。
ワイン醸造には、質感のしっかりとした、フルーティーさ、繊細さ、エレガントさを兼ね備えたこのテロワールの特徴のあるワインを作りたいという強い意志が感じられます。

ユニークな品種、ガメイ

ガメイはボジョレー地区のクリュであることを示す独特の品種です。
これはピノ・ノワールとグエ・ブランの交配により生まれた品種で、4世紀にフン族がクロアチアに持ち込みました。デリケートな品種であるため、ガメイの出来は素晴らしく仕上がるか、まったくの失敗に終わるかのどちらかです。
いずれにせよ、本当に素晴らしい品種なのです。土壌に応じて能力が引き出されるので、果実の味わいとまだ若いワインのエレガントさの中に、素晴らしい熟成を支える構成とミネラル分が感じられます。

モルゴン、ドミニク・ピロンのイメージそのままに

モルゴンのワインは、しっかりしていても堅苦しくなく、気品に満ち、エレガントで、ブラックチェリーの果実や熟成したキルシュの風味、素晴らしいスパイシーな芳香があふれています。
構成がしっかりしているモルゴンのワインは、長期間の保存が可能です。

… 他にも、花崗岩質のテロワールで

他にブルイィ、レニエ、フルーリー、シェナス、ムーラン=ナ=ヴァン、サンタムールなど原産地呼称を受けた8つの生産地があり、ボジョレーワインの赤、ロゼ、白をシャルドネで作っています。
ドミニク・ピロンはモルゴンのスペシャリストです。
ボジョレー地区のリーダー的企業。
世界的に有名で、世界30カ国にワインを輸出しています。

  • DOMAINES PIRONS,
  • Morgon, 69910 Villié-Morgon,
  • フランス